注意すること

ダイニングルーム

オール電化は、家庭で使う光熱器具をすべて電化製品にすることです。オール電化にするメリットは、お得な電気料金が利用できることです。 オール電化で導入しなければならない光熱器具としては、台所のコンロとお風呂で使われる給湯装置です。コンロに関しては据置型やビルドインコンロに対応したものがあるので交換工事はとても簡単です。一方で、給湯装置にはエコキュートなどがありますが、大型のタンクと室外機を置く必要があり、一定の設置場所が必要になります。またこれらの工事を行うさいにはリフォームも同時に行うのが一般的ですので、どうしても費用が高額になりがちです。 また大規模なリフォームを行っている間は、台所やお風呂が一時的に使えなくなるデメリットがあります。また停電時にはすべての光熱器具が使えなくなります。

オール電化リフォームのメリットは、なんといっても電気料金が大幅に下がるという点です。この結果、エアコンなどの電気製品を使用するさいの電気代が減ります。 一方でリフォームではそれなりの費用が必要になりますが、その費用を捻出するぐらいの恩恵を受けることが出来ます。またHIクッキングヒーターであれば、ガスに比べて熱伝導率が良く、効率よく調理ができますし、ヒートポンプ型のエコキュートであれば、それまでの電気温水器で出来なかった追い焚きが可能になります。 なお、オール電化にすることだけでも電気料金の恩恵を受けることができますが、工夫することでさらに節約することができます。ひとつはエコキュートの設定で、夜間にたっぷりとお湯を沸かしておくことで電気料金を節約することができます。