猫の餌やりでの注意点[体調不良のリスクを抑えよう]

Cat food News

猫の餌は色んなタイプがある

一口に猫の餌と言っても、いくつかの種類に分けられています。猫によって適したタイプの餌が異なりますので、よく考えてから選ぶようにしましょう。

猫の餌のタイプ

  • おやつタイプ
  • おかずタイプ
  • 総合栄養食タイプ

[PR]
評判悪いカナガンの口コミを紹介!
役立つ情報を数多く公開中♪

猫の餌の基本的知識[病気知らずの身体にするために]

猫

与える量は要注意

猫には一度にたくさんの餌を与えてはいけません。体重によって与えるべき量が異なります。なお、商品のパッケージには推奨している量が記載されていますので、それを参考にして量を調整しましょう。

猫と女性

回数にも気をつけよう

猫は成長するにつれて、体が大きくなります。身体の小さいうちは、複数回にわけて餌を与えるようにしてください。そして、体が成長し切ったら回数を減らすようにしましょう。

エサ

水は新鮮なものを

猫には餌だけを与えるだけではいけません。水も絶対に必要です。しかしながら、人間が飲むミネラルウォーターには、マグネシウムが多く含まれているものが存在します。猫にマグネシウムが多いものを与えてしまうと、病気や下痢になる恐れがありますので、マグネシウムが少ない水を与えるようにしてください。

キャット

猫の餌用の食器は清潔に!

猫に餌をやるときには、専用の食器が必要です。食器が不潔だと病気になるリスクが高いので、毎日洗いましょう。洗った食器はよく乾燥させて保管するようにしてください。

猫の成長の流れ

エサ

授乳期

生後一ヶ月までの時期を指します。この時期はまだミルクが必要なので、母猫の母乳を与えるか、猫専用のミルクを与えるようにしましょう。

離乳期

生後一ヶ月からおおよそ二ヶ月までの時期のことを指します。この時期は、乳離れをさせるためにも、離乳の時期専用のフードを与えるようにしてください。

成長期

生後二ヶ月から生後一年までの間は、著しく成長していきます。社会性を身に着けさせる大事な時期です。成長期に適した子猫用の餌を与えるようにしましょう。

成猫期

生後一年から生後7年の期間が成猫期です。成長した分、子猫の時よりも行動力が増します。成猫専用のフードを与える必要があります。

老猫期

生後7年以降の時期から徐々に体の老化が始まります。この頃から老猫用のフードに切り替えてください。また、病気になりやすい時期ですので、毎日の体調管理も忘れないようにしましょう。さらに、万が一のためにペット霊園にはどういったところがあるのか、情報収集しておくと安心です。亡くなることを考えるのは辛いことです。しかし、きちんとお別れをするためにも前もって考えておかなくてはならないことの1つなので、早めにある程度決めておきましょう。

[PR]
千葉にある動物病院を厳選紹介☆
ペットの健康を守ろう

[PR]
ペット霊園を利用したいなら必見!
専門業者の情報を厳選紹介

広告募集中