支援の種類について

メタボ腹

メタボ検診の内容は、動機が付いた支援と、積極的に行う支援に分かれ、どちらか当てはまった場合は個別相談となっています。
主にメールフォームを利用したり、電話や面接を行いながら徐々に改善を図っていきます。
指導の内容は、プロの栄養管理士や医師、保健士になります。

診断の結果だけでは判断はせず、予備軍で現れた場合も、指導対象に入ってしまいます。これは日頃の生活習慣や食事の指導を行い一人でも多くの人が健康的な体を手に入れる大事なお手伝いになるのです。

現代病について

車社会としても知られている地域では、メタボ化が深刻化しており、1キロ体重を減らす運動が始まっています。またCMでもメタボの危険性を訴える事が多くなっていますので、それを見ては心を痛めている人も少くありません。
メタボは見た目で見ても健康ではないという事がわかります。そもそもメタボという言葉は、言い方がまだ新しい方です。この名前に変更になる前の1980年頃から判断基準を変化させながら今に至ります。そして1988年。シンドロームとして発表されたあたりから、メタボリックシンドロームの始まりと言われています。
基準は、糖尿病の危険性を表しているものになり、高血圧や中性脂肪、低HDLコレステロール血症の他、高インスリン血症が重なって起こってしまうのが、疾患を発症してしまう一つの原因になっています。
内臓脂肪がここまで知られるようになったのは、1992年ある人物によって発表されたのが始まりです。
このような隠れ肥満には、病的な意味が深く関わっており最悪の場合虚血性心疾患を患ってしまう恐れがあると伝えています。これが多くの人が注目を浴びた医療界の大ニュースだったのです。そして月日が流れ今現在、そこまでメタボっぽい感じでなくても高い標準の元行われる診断は、多くの人に健康の大事さを伝えるきっかけになったのです。

世間が今メタボで騒ぎが起こっています。自分は大丈夫。標準な体型だと自信を持たずにまずはネットで簡単に行えるメタボ診断を行います。
このアンケートでは、メタボについてあまり馴染みなない人でも、一回の診断で内情が分かってしまう優れものになっていますし生活改善に役立てる事も可能になってきます。

健康診断と伏せて行うと、正確な数値が出ますので改善へ一歩近づけます。
検査内容も充実しているので、自分の体を知る機会にもなりますし、自分がどのタイプのメタボなのかを知り、改善に向けて二人三脚で行えるのは心強いと言えます。

体重計

測定方法について

メタボ診断は自宅にいながら行う事が可能です。現在多くの体重計…Read more
食べ過ぎ

引っかかる割合について

メタボ診断で引っかかってしまう人の割合は厳しい面も多々ありま…Read more
お腹が出てる

数値を見てみる

メタボ診断の数値は、改善に向けてのものなので、現実から目を逸…Read more